お歳暮のお肉の賞味期限

by ,

お歳暮で贈られてうれしい品物の代表的なものといったら、お肉です。

松阪牛や神戸牛などのしゃぶしゃぶ肉やすき焼き肉と言ったらかなり喜ばれるものです。

そのため、ご家庭によっては、お歳暮の時期になるとたくさんのお肉が家に集まってしまうということがあります。

たくさん集まってしまうとうれしいけれど、気になるのが賞味期限ですね。

お歳暮のお肉は、多くのものがしゃぶしゃぶ肉やすき焼き肉などの生肉です。

そのため、賞味期限は早く、長くもつ方で1週間、短い場合は3日間くらいというものが一般的です。

では、どのようにお肉を保存したらよいでしょうか。

お歳暮のお肉の保存方法は、主に冷凍です。

お歳暮のセットになっているお肉は、基本的に生肉としてすぐに食べることを前提としていますが、冷凍する可能性も大いに考えられているので、すぐに冷凍することができます。

とはいえ、冷凍でも保存は1ヵ月が限界です。

それ以降の場合、食べる時に味が極端に落ちてしまう可能性が高いので、早いうちに食べるようにしましょう。

さらに、薄いお肉の場合は冷凍しても長くはもたないので、気を付けなくてはいけません。

最もおいしく食べたいという場合には、冷凍したお肉でも10日間までなので、それ以降はやはり味が落ちてしまうことも考えておかなくてはなりません。

お歳暮のお肉を冷凍した場合は、自然解凍が流水解凍にすると、お肉の傷みが少なくて済みます。

時間をかけてゆっくりと解凍することがポイントです。

お歳暮のお肉をゆっくり味わいながら食べられるのは、うれしいことですね。